かかとのゴム交換

かかとのゴム交換は、専用の工具や機械を用いて修理していきます。まずは削れてしまっているゴム部分を取り外し、そこへ新たなゴムを付けるための土台を作成します。

土台ができあがったあとは接着剤を使ってゴムを取り付け、余分なゴムを削り取って仕上げ作業を行います。もともとある土台部分も損傷している場合の工程がこちらですが、もしも損傷していなければゴム交換自体はすぐに作業することができ、短期間で修理を終えられます。

時間の面を考慮すると、できれば早めに修理に出してしまった方が望ましく、面倒だからといって履き続けているのはあまりよくありません。また、コスト面においても放置しておくのはあまり望ましくありません。もちろん取り付けるゴム素材にもよりますし、業者によっても料金が少し変化します。

ゴムのみの取り換えならば2000円台から修理が可能で、土台も含めた修理になると3000円台にまで料金があがってしまう可能性があります。

健康は日々の生活によって成り立つもので、早期発見早期治療が大切とはよく言いますが、靴の修理についても同様で、早め早めの修理が大切になるのです。

かかとのゴム交換も同じです。長く履いているとヒールのゴムまで削れてしまいます。できることなら、ゴムが減りきる前に交換しましょう。大切な靴をより長く履き続けるためにも、気になる部分があったら早めに修理業者や靴屋さんに相談してみることをおすすめします。

合わせて読む:ファスナー部分が壊れた場合の靴修理