穴あきの修理について

未分類 0 Comments

歩く靴は外出するたびに履くもので、歩いていれば自然にソールがアスファルトに削り取られてしまうものです。歩き方にもよるかもしれませんが、多かれ少なかれ削られていき、長年履き続けていれば穴があいてしまいます。穴があくと水がソールを突き抜けて靴下へと染み込んでしまいますが、靴修理サービスではこのような穴があいてしまった靴についても対応が可能です。

オールソールやハーフソールなど、部位だけを新しいソールと取り替えてしまう修理が一般的で、この他にも穴があいている部分に限って詰め物を入れて修復する方法などもあります。

ソールの交換にかかる費用は、修復する部位や使用する素材によって変化します。オールソール(靴底全体)を取り替えるのが最も高く、3000円程度かかってしまう可能性がありますが、ハーフソール(靴底半分)のみの修理で済めば、安いと1500円前後で修理が可能です

また使用する素材がゴムなどの場合には比較的安く済むため、買い換えるよりもコストパフォーマンスに優れると言えます。これは考え方次第かもしれませんが、ソールの交換は特に誰かに見られる機会も少ないため、安く済むのであれば修理した方が合理的と言えるかもしれません。