靴修理、どこまでできる?

靴修理で直せる箇所についてご説明いたします

かかとのゴム交換

かかとのゴム交換は、専用の工具や機械を用いて修理していきます。まずは削れてしまっているゴム部分を取り外し、そこへ新たなゴムを付けるための土台を作成します。土台ができあがったあとは接着剤を使ってゴムを取り付け、余分なゴムを削り取って仕上げ作業を行います。

もともとある土台部分も損傷している場合の工程がこちらですが、もしも損傷していなければゴム交換自体はすぐに作業することができ、短期間で修理を終えられます。時間の面を考慮すると、できれば早めに修理に出してしまった方が望ましく、面倒だからといって履き続けているのはあまりよくありません。

また、コスト面においても放置しておくのはあまり望ましくありません。もちろん取り付けるゴム素材にもよりますし、業者によっても料金が少し変化します。ゴムのみの取り換えならば2000円台から修理が可能で、土台も含めた修理になると3000円台にまで料金があがってしまう可能性があります

健康は日々の生活によって成り立つもので、早期発見早期治療が大切とはよく言いますが、靴の修理についても同様で、早め早めの修理が大切になるのです。かかとのゴム交換も同じです。長く履いているとヒールのゴムまで削れてしまいます。できることなら、ゴムが減りきる前に交換しましょう。

長く履いているとヒールのゴムまで削れてしまいますが、ゴムが減りきる前に交換するのがベストです。バランスよくヒールを修理することができます。

大切な靴をより長く履き続けるためにも、気になる部分があったら早めに修理業者や靴屋さんに相談してみることをおすすめします。

穴あきの修理について

靴は外出するたびに履くもので、歩いていれば自然にソールがアスファルトに削り取られてしまうものです。歩き方にもよるかもしれませんが、多かれ少なかれ削られていき、長年履き続けていれば穴があいてしまいます。穴があくと水がソールを突き抜けて靴下へと染み込んでしまいますが、靴修理サービスではこのような穴があいてしまった靴についても対応が可能です。

オールソールやハーフソールなど、部位だけを新しいソールと取り替えてしまう修理が一般的で、この他にも穴があいている部分に限って詰め物を入れて修復する方法などもあります。

ソールの交換にかかる費用は、修復する部位や使用する素材によって変化します。オールソール(靴底全体)を取り替えるのが最も高く、3000円程度かかってしまう可能性がありますが、ハーフソール(靴底半分)のみの修理で済めば、安いと1500円前後で修理が可能です

また使用する素材がゴムなどの場合には比較的安く済むため、買い換えるよりもコストパフォーマンスに優れると言えます。これは考え方次第かもしれませんが、ソールの交換は特に誰かに見られる機会も少ないため、安く済むのであれば修理した方が合理的と言えるかもしれません。

靴修理でできること

始めてのお給料で購入した革靴、成人のお祝いとしてプレゼントしてもらったパンプス、恋人からの贈り物でもらったスニーカーなど、普段履いている靴に特別な思い入れや大切な思い出があるという方は、愛着のある靴が壊れてしまってもなかなか捨てられずに、靴箱の肥やしになってしまっているのではないでしょうか。思い出を捨ててしまうことは誰しも少なからず抵抗があるものです。

しかしスペースという面を考慮しても履かない物をしまい続けていることは邪魔になってしまいますし、壊れてしまった靴はなんとも処理に困るというもの。そんな方におすすめしたいのが、靴修理サービスです。

靴修理サービスはなかなか利用する機会も少ないサービスで、あまりよく知られていない商売ではありますが、利用してみると使い勝手も良く、また料金についても比較的安く修理してくれるため、コストパフォーマンスにも優れていて魅力も満載のサービスになっています

靴の修理屋さんにできることは非常に幅広く、穴あき状態の靴のソール交換や削れてしまったゴム交換、靴に付いている金具の交換やインソールの交換など、基本的にはどのような状態の靴であっても再び履けるまでに修理してくれます。

もちろんメンズシューズに限った話ではなく、レディースシューズについても同様にヒール部分の交換やつま先の修復などが可能になっており、まさに靴のなんでも屋さんといったところです。当サイトでは穴あき修理とかかとのゴム交換についてご紹介していきます。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén